20年ぶりの自転車はカスタムで。


小学校3年生のときに自転車をすててから約20年ぶりの自転車

最近坂道の少ない街で暮らすうちに、だんだんと自転車があったら行動範囲も広がるし、なかなか気軽にお出かけできない時期も、さわやかに過ごせるのではと思い始めました。

ほしいと思ったらすぐ行動。

どんな自転車にするか、どこで買うかを考えます。

ロードバイク・マウンテンバイク・クロスバイクいろんな種類があることだけは知っていますが、機能への知識はほとんどありません。

そして車道を颯爽と走れる気はしません、だからといってママチャリでもありません。

考えた末に、乗りやすさとかっこよさ、スマートさを兼ね備えた、初心者でも扱える自転車(ただのわがまま)に決めました。

「かっこよくて、可愛くて、バキッと目に入る色で」

お店で買わずに、人に組んでもらうことに。雑すぎる素人依頼ですが、細かい部分はその方を信じてお任せです。

待つこと数週間。梅雨の晴れ間にやってきました。

フレームはシンプルなシルバー、タイヤは茶色。ケーブルなど細かい箇所で赤や紫を。期待以上のおしゃれさです。


カゴはむしろおしゃれらしい。


ものを入れられるようにとカゴもついています。

カゴってどうなの?と出来上がる前は思っていましたが、それすらおしゃれで便利です。

自転車好きの人からすると、カゴがついている方が、分ってるねえとなるらしいです。

その他細かい説明は、私にはできないので省きます。ぜひ写真を見てください。


 
20年前はホームセンターで買った水色の自転車だったのに、今こんなにもレベルアップした自転車を手に入れられるとは。

ちょっと家の周りを走ったり、ちょっと遠くの公園まで行ってみたり、特別なことではないのに、お気に入りの1つしかない自転車ってだけで、いつもよりとっても楽しいんです。

手に入れたばかりなのに、自転車のサドルを茶色に変えようかな、なんて考えるようにまでなってしまいました。

沼はすぐそこかもしれません。