George Nelson Desk chair model #4671

※こちらの商品は販売しておりません。
家の中でこだわりのもの、ありますか?

在宅での仕事や趣味、自分の好きなことをする空間にこだわりをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

自分だけの特別な空間を、さらに素敵な雰囲気にしてくれるインテリアといえば、カーテンやテーブル、ラグなど様々ありますね。流行のものを取り入れたり、ヴィンテージ品を取り入れたり、考えるだけで心が躍ります。

今回はTHE ONE&ONLYでご紹介させていただきたい家具があるので、是非ご覧ください。

George Nelsonがデザインした、メタルサイドチェア(Desk chair Model 4671)


こちら(写真上)は、ミッドセンチュリー期(1940年〜1960年代)のデザイナー、George Nelson(ジョージ・ネルソン)がデザインした希少な当時のチェアです。1946年にGeorge Nelsonよってデザインされ、Herman Miller社から販売されました。

※実際に手掛けたのはネルソンアソシエイツのErnest Farmerのようです。


アルミのパイプレッグで頑丈な上に、広い弾力性のある背もたれと肉厚なクッションで座り心地がよく、スタイリングも計算された美しさ。実際に、この記事の写真を撮影した時、様々な角度から何枚撮っても、どれも美しく写っていました。(自己満足も入っているかもしれませんが。)

デザインされた当時からの変わらぬ美しさを、実際に見れる・座れるなんてとっても贅沢です。


クッション生地は、Alexander Girardがデザインした、Herman Miller社の名作ファブリック「Hopsak」が使われています。

「Hopsak」というのは、縦糸と横糸が2〜3色で構成されており、近くで見るとカラフル、遠くから見ると無地に見える個性的なファブリックのことです。

この写真(下)を見るとどんなものか一目で分かりますね。(このチェアは3色)


実際に近くで見るとオレンジ色がよく映えてかわいらしいチェアなのですが、お部屋に置くとどんな雰囲気にも合わさって、すごくスタイリッシュに見えるのが本当に不思議です。

白色の家具(テーブルやドレッサー)にも、木の家具にも、はたまた黒色の家具にも、現代のどんな色の家具にも合って、時代を感じさせない魅力もあります。

そんな一脚を、あなたの暮らしの中に取り入れてみるとさらに気分が上がるはずです。


さらに、このチェアは現在は生産されておらず、且つ市場流通量が非常に少ないもので、所有している人は本当に一握りだと言います。そんな希少なチェアはあなたのこだわりの一脚になること間違いなし。

残念ながら今回ご紹介したメタルサイドチェア(Desk chaie Model 4671)は、販売していないのですが、どこかで出逢った際にはお見逃しなく!
 
今回ご紹介したチェアのデザイナーGeorge Nelsonや、同じくミッドセンチュリーの代表的なデザイナーであるイームズ夫妻についての記事なども今後アップしていきますので、是非またTHE ONE&ONLYを覗いてみてくださいね。

お読みいただきありがとうございました。